ダヴィンチ・キッズⅡ 小学1年生レベルダヴィンチ・キッズⅡ 小学1年生レベル

世界で実績のあるハンズオン教材を使って、計算や図形を楽しく学ぼう。
五感をフルに使った楽しい実験を通して、科学する心を育てていきます。

カリキュラム概要

ダヴィンチ・キッズⅡでは、操作・創作活動や実験を通して事象や現象の観察や考察を行うことよって、法則性や性質を導き出すことに主眼を置きます。

算数数量分野では、ベルギーで開発された数の棒「キズネール棒」を使って数の合成・分解とたし算・ひき算、長さ・重さ・量の単位を中心に、図形分野はアメリカで開発された図形ブロック「パターンブロック」を使って平面図形の合成・分解に始まり線対称・点対称まで学びます。

科学では、楽しい実験を中心に身近なことにひそむ秘密を発見し「ふしぎだな?」「なぜだろう?」という疑問を広げることによって、科学する心を育てることを目的としています。野外活動としてアリを捕まえて飼育し観察したり、水や光などを題材に多角的な実験を行ったりします。環境教育も導入し、環境に対する関心と考察する力を育みます。

授業回数・時間
月4回、1回50分
お月謝
お月謝10,800円  システム費 月1,080円
※ブロック・サイエンス同時受講の場合、お月謝8,640円
主教材
7,560円
(パターンブロック 4,104円、
     ツートンパズル 1,080円、
     ツートンパズル見本台帳① 540円
     ツートンパズル見本台帳② 540円、
     分割三角パズル 1,296円) ※1年間使用

※税込価格

年間スケジュール

4月 ●基本図形
(パターンブロック)
5月 ●線対象、点対象
(折り紙を切って開く、パターンブロック)
6月〜7月 ●数、たし算
(パターンブロック、キズネール棒)
8月 夏期特別授業 
※選択制の算数・科学・工作講座を受講
9月 ●たし算
(キズネール棒、ジャンプすごろく)
10月 ●ひき算
(キズネール棒、ジャンプすごろく)
12月 ●GEMS
(グループソリューション)
1月〜2月 ●長さ、重さ、量
(直接比較と間接比較、単位)
3月 ●卒業制作
(パターンブロック)

授業紹介

算数 たし算「キズネール棒でたし算」
「カエルの数当てゲーム」

キズネール棒という「数」を表す棒を使いました。この棒は、数や計算の方法を考えるために考案されたもので、数量の学習にはとても有効な教材です。キズネール棒で様々な10の合成の仕方をゲーム形式で学んだ後、数表から10を構成する2つの数を選んで線を結び、いろいろな形を浮き上がらせたりして遊びました。また、2つまたは3つ以上の隣り合った、10を構成する数を数表から見つけ出す活動を行い、10の合成に関する様々なアプローチを行いました。

科学 生き物
「プロジェクトワイルド 
すばらしき適応」

2013年度のダヴィンチ・キッズ科学のテーマは「いきもの」。米国の環境教育プログラム「プロジェクトワイルド」から。すべての野生動物は自然の中で生き抜いていくための特別な機能を備えています。これらの機能は、「適応」とも呼ばれ、鳥たちも備えています。鳥たちのクチバシの特別な機能について学びました。食べるものによって、鳥クチバシの形は大きく変わります。鳥のえさの種類と、くちばしを模倣した様々な物を使って、鳥のくちばしを体験するアクティビティを行いました。