ジュニアインベンター 小学5年生〜中学生ジュニアインベンター 小学5年生〜中学生

実際の社会で役立っている、空気圧や物理エネルギー、風力・太陽光エネルギーを
利用したメカニズムを学習。プログラミングやデータロギングも取り入れ、
物理や数学の理論を基により精密な機構を研究します。

カリキュラム概要

ジュニアエンジニアで使用した「サイエンス&テクノロジー」に、「空気力学セット」と「エネルギーセット」を加えオリジナルモデルを制作します。空気力学セットを使ったモデルは、実際の社会で役立っているジャッキやロボットアームなど空気圧システムを用いたメカニズムをテーマ・題材として扱います。力学・数学の理論を基により高度な理解・考察を図り、より精密な仕組みの制作を行います。また、エネルギーセットを用いて、環境・エネルギーの原理について学習します。電気の働き(小3)、電気の利用(小6)、力と圧力(中1)、電流(中2)、力学的エネルギー、エネルギー、科学技術の発展、自然環境の保全と科学技術の応用(中3)など、理科の新学習指導要領にも対応。また、オートメーション化をテーマに各種センサーを用いてプログラミングによる自動制御を学びます。3学期は、クラス全員が1つのチームとしてプロジェクトを立ち上げ、協力・分担して設定されたテーマに沿って卒業制作を行います。最終日は、父母の前でプレゼンテーションを行います。

授業回数・時間
月4回、1回50分
お月謝
月12,820円  システム費 月1,400円
主教材
  1. 空気力学セット (教材費:14,040円)
  2. エネルギーセット (教材費:18,684円)
※上記以外にジュニアエンジニアで使用した
 サイエンス&テクノロジーのセットが必要になります。

※税込価格

  • メカニズムへの算数・力学の応用
  • 実験と観察、分析する力
  • 空気圧装置
  • プレゼンテーションスキル
  • テクノロジーの理解と利用
  • 科学的な見方、技術を理解する力
  • エネルギー 自然エネルギー科学技術の応用
  • プログラミング(条件分岐 発展)

授業紹介

空気力学セット 
『ロボットアーム』

ロボットアームは、物体を拾い上げたり、動かしたり、置いたりといった動作を含む作業に使用されます。何回も繰り返しが必要であり、短時間で効率的に行わなければなりません。 ロボットアームを組み立て、エネルギー効率を最大限に高めるためのストロークの順序について調べて、作業の効率アップを目指します。

エネルギーセット 
『風力発電』

風車の回転エネルギーから電気エネルギーを生み出します。より効率良く多くのエネルギーを風から得るには、どうすればいいでしょうか?風力発電のモデルを制作し、研究します。プロペラの形や枚数などで発電、蓄電できる量に変化はあるでしょうか? 運動エネルギーから電気エネルギーへの変換をハンズオンを通じて探求していきます。

エネルギーセット ソーラーステーション

太陽に見立てた電灯を日周運動と同じように動かし、ソーラーパネルが電灯の光を追って動くようプログラミングします。そこで発電した電力データを逐次インテリジェントブロックに送り、実験後パソコンにつなげてグラフ化します。果たして効率よく発電することができたでしょうか?エネルギーの学習に、制御プログラムの作成、データロギングを組み合わせた実験です。