代表ブログ『トゥルースの視線』 〜第90回「強力な学びを引き出すハンズ・オン学習① 」| ブロックとロボットの科学教室|トゥルース・アカデミー

代表ブログ『トゥルースの視線』 〜第90回「強力な学びを引き出すハンズ・オン学習① 」

2014/7/13

トゥルースの視線で何度か取り上げましたが、当アカデミーの指導理念の一つである『ハンズ・オン(hands-on)学習』の意義について改めて考えたいと思います。直訳すると「直接手を触れる」「実際に参加する」という意味で、教育界では「実践的に学ぶ、参加・体験型の学習活動」を指します。ここでは、教える側が知識を一方的に教えるのではなく、学ぶ側が能動的・主体的に学習することが重視されています。また、本で学ぶよりも実際に行った方が、活動の楽しさや学ぶ意欲につながりやすく、学習効果が高まると考えられています。特に理科の学習では、「科学を行うとは何か?」「科学者がどのように研究をしているのか?」を、ハンズ・オン学習抜きにして子どもたちに理解させることは、考えられません。

コメント