FLL(ファーストレゴリーグ)東日本第2ブロック大会結果報告 〜緊張のロボコン!経験を糧に次へ!| ブロックとロボットの科学教室|トゥルース・アカデミー

FLL(ファーストレゴリーグ)東日本第2ブロック大会結果報告 〜緊張のロボコン!経験を糧に次へ!

2014/1/18

fll01

去る12月22日(日)東京工業大学大岡山キャンパスにて、「FLL2013東日本第2ブロック大会」が開催されました。


参加チーム数は45チーム。当アカデミーからは、ロボット・ベーシックⅡクラスの飯田橋校チーム「IID」と、日吉校・飯田橋校合同チーム「レスキューフォース」の2チームが参加。3つのプレゼンテーションと3回のロボット競技の練習、3回の競技本番が行われ、とても慌ただしい一日でした。
皆初めてロボットコンテストに参加するということもあり、また午前中に3つのプレゼンが集中したため、緊張の連続でスタートしました。
「IID」のプレゼンは最初は元気がいいのですが、審査員との質疑応答になるとトーンダウンしてしまい、少し残念。「レスキューフォース」は終始落ち着いて受け答えしていました。 両チームとも、今年のテーマ『Nature’s Fury! (自然の猛威)』に沿って、土石流や火砕流に着いて調べ、自分たちなりにその対策を考えていたのは、とても感心しました。


fll02

フィールドでの練習では、慣れていないこともあってか、最初は何を目的として練習をしたらいいか、絞り切れていない様子でした。しかし、その後皆でアイデアを出しながら戦略を立て直したり、ロボットを改造したりして、普段の練習以上の得点を獲得することができました。
しかし、残念ながら全国大会出場は果たせず。今度はいよいよロボカップジュニアへの挑戦となりますので、この経験から得たものを十分に活かし、大きく飛躍してくれることと思います。



コメント